独学で挑戦する日商簿記2級


日商簿記2級を受験するに当たり、独学で挑戦してみようという方も非常に多いと思います。
しかし独学はデメリットのほうが多く、何もない状況で勉強しなければなりませんから、
色々苦労があります。このサイトでは独学で日商簿記2級の合格を目指している人のために勉強法、教材選びのポイント、合格率などの情報を提供していきます。
是非これからの勉強の参考にしてください。

まず、独学というスタイルはどうなのか、ご説明していきたいと思います。
日商簿記2級は仕組みや解答方法がある程度パターン化しているので、独学でも決して合格できないことはありません。しかし勉強していく上では相当な覚悟が必要になります。

独学での勉強となると教材・カリキュラムがすべて自己流になります。
人によっては、学習ポイントや出題予想が立てられないため、無駄な勉強をしてしまい合格までに時間がかかるケースがあります。疑問・質問にも対応できないため、インターネットなどの不確かな情報に惑わされる危険もあります。日商簿記2級だけではなく試験において情報は武器になり、知っているのと知らないのとでは、合否に大きな差が出るので不利になる可能性があります。

はじめて簿記を勉強する人、仕事をしながら受験して勉強時間を思うように確保できない社会人には不向きな勉強かも知れません。そのような方は多少費用がかかりますが通信講座・通学講座を選択してください。
独学で合格を狙いたいのであれば、すでに基礎知識がある程度備わっていて簿記の受験経験がある方や、合格するまでに時間がいくらかかってもよい方は、大変だと認識して勉強してください。

独学の受験にこだわる多くの人は、金銭的な理由を上げることが多いと思います。確かに独学は費用を最大限低く抑えるのがメリットになりますので、予算がない方は仕方ありません。しかし通学は別としても通信は2~3万円で質の良い講座を提供してくれるところもあります。独学で勉強してもテキストや問題集、参考書などを買えば1万円近くいくこともありますのでそれほど大きな費用の差はありません。

受験はあくまでも合格することが目的で,独学で勉強することではありません。独学で時間をかけて合格するなら多少お金を払っても、学校を利用してみてはいかがでしょうか。短期間で合格して、余った時間を自分のために活用するほうが将来のためです。今学生で、就職のために資格を取るなら、少しでも早く合格して就活に専念したほうが良いですし、仕事で必要な場合は、勉強することに時間をかけるよりも早く資格をとり、仕事で生かしたほうがスキルアップにつながります。要するに何の目的で受験するかしっかりと考えてから勉強スタイルを決めてください。

しかしそれでも独学にこだわる方は、少しでも効率よく勉強して短期合格を目指さなければなりません。では独学で合格する為には何が必要か次のページでご説明していきます。

独学で合格するために試験科目のポイントをチェック




短期合格必須のアイテム!定番の簿記教材はこちら